診療案内

歯周病でお悩みのあなたへ


根本的原因から治療する
歯周内科治療とは
  • ちゃんと歯磨きしているのに歯周病が改善しない・・
  • 他の歯医者さんでもう抜くしかないと言われた・・
  • 歯周病治療をしっかりしてもらえる歯医者さんを探している!
このようにお悩みの方は、是非当院に受診されることを強くお勧め致します。

現代の日本人の歯の抜ける原因はむし歯ではなく、歯周病が最も多く、一度自分自身の歯を抜いてしまうと、再び自分自身の歯が戻ることはありません。どんなに優れた治療をしたとしても、自分の歯に勝るものはありません!

でも多くの方は自分自身の歯が大切な事を理解しているのに、結果としてなぜ歯周病が原因として自分の歯を失ってしまうのでしょうか?

それは、歯周病という病気は自覚症状を感じにくいからなのです。「あれ?歯がぐらついているけどなぜかしら?」と感じた時には既に歯周病が重度化しており、最悪の場合、手の施し様がない状態の場合も多いのです。また、歯周病治療にこだわりを持って治療している歯科医院も全国的には多くはないのが現状です。

歯科治療と一言で言っても、様々な治療がありますよね。むし歯、インプラント、入れ歯、矯正治療、歯周病…などなど。つまり一言で歯医者と言っても、専門分野・得意分野というのがあるのです。その中でも歯周病治療の重要性を理解していても、そこまで力を入れて学んでいる歯科医師はそこまで多くはありません。

そのような歯周病治療に力を入れていない歯科医師の皆様方に話を伺いますと、「歯周病は治らない」と思われている方々が非常に多く、残念ながら運悪くそのような先生に治療をされてしまった患者様は、結局治らずに抜歯、という事がとても多く、当院ではそのような現状をとても残念に思っております。


歯周病治療をあきらめてはいけません!


先ほどもお伝えしたように、歯周病は治らないと思われている方々が非常に多いのですが、それは全くの誤解です!もちろん、あまりにも末期症状になってしまった場合などは、当院でも手の施し様がないこともございます。しかしながら、当院では歯周病治療の中でも「歯周内科治療」という最新の治療を受けることが出来るので、他院でも治療が難しいと言われたケースでも、治療が可能な場合があります。

もちろんすべての患者様が治せるという事ではないですが、もしも歯周病に悩んでいるのであれば、一度ご相談にお越しになることをオススメ致します。


歯周病は全身の病気にも影響を与える!?


歯周病は自分自身の歯を失うだけでなく、様々な病気にも関連しているという事をご存知でしょうか?近年では医科の領域においても、口腔ケアの重要性が見直されているのです。その代表的なものが「糖尿病」です。糖尿病を患っている場合、歯医者での口腔ケア(歯周病治療)を行う事により、血糖コントロールが正常値に近づくという研究結果も数多く出ております。

それだけでなく心疾患・脳疾患などの持病がある場合、自分自身の健康を保つためにも口腔ケアは非常に重要であるのです。


歯周病を治すための治療とは?


そもそも歯周病治療は主に2つに分かれます。

ご自身で行うセルフケア(歯磨き、フロス、歯冠ブラシ)

歯科医院で行うプロフェッショナルケア(歯石取り)

この2つは、全国どこの歯科医院でも基本的には同様です。それは当院でも同じことなのです。歯科医院で行う歯周病治療というものは、主に専用の器具を使用し、歯周病の原因となる細菌を取りのぞくというものです。

歯周病治療というのは一般的に、

  • 日頃のセルフケア(歯ブラシetc.)で歯の表面の細菌の数を減らす
  • 歯石取りで細菌の棲みかを取りのぞく
  • 歯周外科治療(フラップ治療)で歯ぐきを骨から剥がし、歯ぐきの奥の病巣をそり除く

このようなものを言います。もちろんこのような治療を当院でも行っておりますが、残念ながらこれだけの治療ではすべての歯周病菌を全滅させるのは不可能でした。

そこで大倉山アルカディア歯科では、歯周内科治療というこれまでの歯周病治療とは全く異なる新しい考え方の治療を導入しております。


大倉山アルカディア歯科の「歯周内科治療」とは?


歯周内科治療というものは、大きく分けて5つのポイントがあります。

1

位相差顕微鏡を使用し、歯周病の原因菌を発見

一言に歯周病と言っても、実はその原因となる細菌の種類は人それぞれです。歯周病菌と呼ばれるものは、
■ 真菌(カビ)
■ 細菌(真正細菌)
■ 原虫
を代表とし、様々な種類があるのです。
この歯周内科治療の場合、まず患者様のお口の中の汚れを採取し、顕微鏡で観察、どの細菌がお口の中で増殖しているのかという事を調べます。
また単に調べるだけでなく、患者様ご自身にも自分自身のお口の中の細菌の様子を直接見ていただくことで、治療の重要性をお伝え致します。

2

PCR検査を行い歯周病の原因菌を特定

位相差顕微鏡で原因菌全体の有無、量を調べたのち、どのような種類の原因菌がどれくらいいるのか、という事をPCR検査で特定致します。
※当院のPCR検査は歯周病の原因菌を測定するものであり、新型コロナウイルス関連の検査とは異なりますので、予めご了承ください。

3

細菌の除去薬剤の内服

位相差顕微鏡を使用し、患者様の歯周病の原因菌を特定しましたら、その菌を除去するための内服薬を服薬して頂きます。歯周病の原因菌を根本的に内面から除去していく事で、従来の歯周病治療よりも更に効果が見込まれます。

4

カビの除去薬剤、カビ取り歯磨き剤での歯みがき

歯周病治療は日頃のセルフケアが非常に重要になってきます。ただ単に歯みがきをするのではなく、専用の歯磨き粉を使用してセルフケアを行う事で、更に歯周病の原因となる細菌を除去することが出来るのです。

5

歯石取り(クリーニング)

根本的な細菌を全滅させたのちに、専用の器具を使用し、歯石取りを行います。比較的軽度な患者様にはスケーリング、歯周病が中等度以上進行している方にはSRP(スケーリングルートプレーン)という施術を行います。
 当院の歯科衛生士はこの歯周内科における知識と技術を身に付けておりますので、より安心・確実な治療を受けることが出来ます。

6

定期的なメインテナンス

1度治療をしたからといって、もう歯医者に来なくてもよいという事ではありません。せっかく根本的原因である細菌を除去したのであれば、同じようにならないように定期的にケアを行う事が非常に重要になってまいります。

このように従来の歯周病治療とは異なる治療を行う事で、根本的原因から解決するものが歯周内科治療というものです。

「もう少し具体的に教えてほしい」
という方は是非お気軽に、当院の専門スタッフまでご相談下さい。